外壁塗装

お客様の住まいに、外壁のひび割れや塗装の剥がれなどの症状は見られませんか?
もし、このような症状があれば、秋葉塗装までご連絡ください。

外壁は雨風や紫外線などから私たちを守ってくれています。
万が一、ひび割れや塗料の剥がれなどがあれば、塗装効果が失われている状態。

住まいの耐久性を低下させることなく維持させるためにも、約10年を目安に外壁塗装を行いましょう。

■塗装効果の劣化をそのまま進行させると

○防水機能が低下
塗装工事の本来の目的は、風雨や紫外線などからのダメージを抑制させること。
塗膜が劣化して、効果を十分に発揮できない状態だと、外壁材そのものが大きなダメージを受けてしまいます。
傷んだ部分をそのままにしておくと、雨などの水分が建物に浸入して雨漏りの原因になりますので、塗装で防水機能を保つことが大切です。

○ひび割れの発生
劣化が進行し、酷い場合には外壁がひび割れてしまうケースも。
髪の毛ほどの細かなひびでも、水分は建物内に浸入してくるので要注意です。
またひびから浸入した水分が気温の寒暖差によって、収縮と膨張を繰り返し、ひびを大きくしてしまう場合もあります。

○躯体の劣化と腐食
下地まで水分の浸入を許してしまうと、次第に鉄部は錆びて木部は腐食してしまいます。
こうなってしまうと、建物全体の耐久性が著しく低下してしまうため、優れた安全性があるとは言えません。
さらに、シロアリ発生の原因と繋がりかねないため、少しでも気になることがあればすぐにご連絡ください。

■安全な状態に保つために

建物の立地環境や、使用されている塗料や建材によっても異なってきますが、一般的に塗り替えの目安は約10年と言われています。
そんな塗装工事は、一度行えば以後は施さなくても大丈夫ではなく、定期的な塗り替えが必要なのです。

中には、
「数年に一度費用がかかってしまう」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、劣化をそのままにすることで、塗装工事では対処できなくなってしまった時がもっと大変です。
大規模な工事に発展し、塗装工事以上の費用がかかってしまいます。

そのようなことにならない為にも、定期的に建物の状態をチェックして塗り替えるほうが、長期的に見てもコストはかかりません。
いつまでも安全な建物を維持するためにも、塗装工事をご検討ください。

【電話番号】 06-7161-0093
※繋がらない場合は、下記の代表直通番号におかけください。
【代表直通】 090-9620-3582
【営業時間】 9:00~19:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 大阪市を中心に大阪府全域対応

一覧ページに戻る